静岡県が編んだ竹林整備読本、なかなか面白い

竹の種類と利用方法から始まって、竹の利用がなくなったことにより、竹林が荒廃し、さまざまな不利益を生じていると進む。在来の生態系や人工林に侵攻すれば、他の植生を枯らし、生物多様性を失う。

荒廃した竹林に地滑りを抑制する力がないのは地下茎の細根の勢いがなく短いから。写真で見比べることができる。うちの地域にも昨年の9月の大雨と台風で真竹の荒廃林から土が流れ出てきているのを確認している。

モウソウチクなどが一斉開花すると小麦ほどの栄養価がある実を大量に着けるため、野ねずみの大発生につながるという。

「1935 年(昭和 10 年)頃、箱根山のハコネダケが一斉開花結実した時は、ノネズミの大群が数千ヘク タールの林を全滅させました。そしてすべて食い尽くした後、パニック状態となったネズミは集団移動を行い、芦ノ湖を泳ぎ渡ろうとした先頭のネズミに追随して大量のネズミが湖へ飛び込み、水死しました。そのため、 深良用水の水門や小田原市の水道水の取水口がネズミの死骸で詰まり、大問題 になった記録があります。」

森が全滅したということはその後に大雨でも降れば土砂崩れなどがあったであろう。

https://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-080/mori/book/documents/tikurinseibidokuhon.pdf






4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月の活動報告

2日(土)自主活動 大塚沢拠点・公園拠点ほか 11:00〜17:00 晴れ・強風 5名参加 小川掃除・竹間伐・若竹刈り、マキタ刈払機の飛散防止板交換・ ヘッド内部に絡みついた草の繊維を除去・クリース詰め。竹炭材・杉板を大塚沢から自然公園に搬出。右側の炭焼き窯の煙突を支えるやぐら作り。 4日(火)自主活動 公園拠点集合 9:30〜15:00 晴れ 4名参加 針葉樹の山にてヒノキ丸太とスギ丸太を板に製

4月の活動報告

1日(木)自主活動 大塚沢拠点集合 11:45~15:45 晴れ 1名参加 スギヒノキ人工林にてスギ掛かり木1本をチェーンソーで解体。 3日(土)自主活動 大塚沢拠点集合 12:15~16:30 曇り 1名参加 スギヒノキ人工林にてスギ掛かり木1本をチルホールとチェーンソーで解体。 4日(日)金沢自然公園拠点集合 9:30~15:00 曇り 16名参加 スギヒノキ人工林倒木整理、ヒノキ間伐材造材・

2021年3月の活動報告

3月の活動報告 14日(日)大塚沢拠点集合 9:30~15:00 晴れ 19名参加 道具小屋周辺:倒木処理・林床整理・スギ製材、竹間伐・材切出し、小川清掃 15日(月)環境活動支援センター集合 10:30〜12:00 1名参加 AEDメンテナンス・貸出票更新、普通救命講習受講 20日(土)横浜市旭区大池町 こども自然公園レストハウス集合 13:00〜16:00 1名参加 神奈川県森林協会主催「ナラ