混合燃料はオイルの説明書が指定する混合比で作る

50:1で混合して良いオイルを、(古い)機器の説明書に合わせて25:1で割って使うと燃えにくいオイルの方が燃えるガソリンよりも多くなるわけだからパワーが落ちるし煤が増える。その分、仕事にも時間が掛かるし、メンテナンスもより頻繁にしなくてはならないし、潤滑オイルを無駄に消費することになる。また排気に煙が多く混じったり健康に良くない物質の濃度も上がる。


25:1で割る性能の悪いオイルを機器の説明書に合わせて50:1で割ると潤滑性能も下がり、ピストンの摩耗が早まって破損したり焼き付いたりする原因になる。


当会にも機器の燃料タンクの蓋に25:1と記された古い機器があるが、50:1で作れとオイルのボトルに書いてあれば、50:1でそのオイルを希釈して作った混合燃料を(25:1と機器や機器説明書に記されていても)給油する。


スクーターの画が印刷された格安オイルは混合比率やFD, FC, FBといった等級が明示されていないものもあり、オートバイよりエンジン最高回転数が2倍以上になるチェーンソーや刈払い機に、そういった粗悪オイルを農林機器の高回転エンジン対応の優良オイルと同じ50:1で割って使ったりするとすぐ駄目になるということだ。注意したい。オートバイのエンジンは最高回転数でずっと回したりしない。ギアをシフトするから。ローギアのままフルスロットルでずっと高速走行するなんてないはず。チェーンソーなどと比べるとオイルを規定以下の濃度にしても焼き付いたりしにくいのかもしれない。


チェーンソーはフルスロットルで使うものだし、刈払い機もナイロンコードのように叩いて断つ原理のものは抵抗が大きくかつ重い金属刃が回転する場合と違って慣性が働かないので、フルスロットルで使うことになる。でないとエンジンに負担が掛かると説明書にも書かれている。大塚沢拠点の方にはバイク用の怪しげなオイルがまだあるようだ。できればこれはスクーターで使ってもらいたい。


以下の動画には混合燃料の不良によるエンジンの摩耗や破壊の実例が後半で見られる。





1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月の活動報告

2日(土)自主活動 大塚沢拠点・公園拠点ほか 11:00〜17:00 晴れ・強風 5名参加 小川掃除・竹間伐・若竹刈り、マキタ刈払機の飛散防止板交換・ ヘッド内部に絡みついた草の繊維を除去・クリース詰め。竹炭材・杉板を大塚沢から自然公園に搬出。右側の炭焼き窯の煙突を支えるやぐら作り。 4日(火)自主活動 公園拠点集合 9:30〜15:00 晴れ 4名参加 針葉樹の山にてヒノキ丸太とスギ丸太を板に製

4月の活動報告

1日(木)自主活動 大塚沢拠点集合 11:45~15:45 晴れ 1名参加 スギヒノキ人工林にてスギ掛かり木1本をチェーンソーで解体。 3日(土)自主活動 大塚沢拠点集合 12:15~16:30 曇り 1名参加 スギヒノキ人工林にてスギ掛かり木1本をチルホールとチェーンソーで解体。 4日(日)金沢自然公園拠点集合 9:30~15:00 曇り 16名参加 スギヒノキ人工林倒木整理、ヒノキ間伐材造材・

2021年3月の活動報告

3月の活動報告 14日(日)大塚沢拠点集合 9:30~15:00 晴れ 19名参加 道具小屋周辺:倒木処理・林床整理・スギ製材、竹間伐・材切出し、小川清掃 15日(月)環境活動支援センター集合 10:30〜12:00 1名参加 AEDメンテナンス・貸出票更新、普通救命講習受講 20日(土)横浜市旭区大池町 こども自然公園レストハウス集合 13:00〜16:00 1名参加 神奈川県森林協会主催「ナラ